40代から睡眠の質を上げるには

40代以降になると、様々な睡眠トラブルが出てきますよね。

 

・最近、朝早く目が覚めてしまい、その後は眠れない。

・夜、布団に入ってもなかなか眠れない。

・寝てもすぐに目が覚めてしまい、翌朝まで眠れない。

 

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

 

40代以降になると、眠りが全体的に浅くなってしまうことが睡眠の実験研究によっても明らかになっているようです。

 

睡眠の種類にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

レム睡眠は比較的浅い睡眠、ノンレム睡眠は深い睡眠なのですが、ノンレム睡眠が40代以降になると少なくなってしまうため、目が覚めやすくなるというわけです。

 

では、なぜノンレム睡眠の時間が短くなってしまうのでしょうか?

 

それは、年齢がすすむにつれてセロトニンが減少していくからです。

 

セロトニンが不足すると睡眠の質が下がってしまうのです。

 

ですから、40代からの睡眠の質を上げるためには、セロトニン不足を補うことが大切です。

 

さらに、生活習慣を規則正しくすることやバランスの良い食事、睡眠時の環境なども工夫する必要があります。

 

また、睡眠トラブルはストレスが原因となっていることも多いので、ストレスを上手に解消することも大切ですので、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

 

 

※セロトニン不足を補うサプリをお探しなら

【睡眠サプリ】ネムリス-nemlis